×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1.はじめに

 光回線によるインターネット接続が当たり前の時代になってきました。

 快適なブロードバンド回線で使用するネット環境は、一度使ったら元には戻れないですよね。

 光回線の種類も、以前はNTTのフレッツ光しかありませんでしたが、最近ではKDDIのauひかり
 がシェアを増しているようです。

 比べてみるとフレッツ光よりauひかりの方がお得なのは明らかですしね。

 対象となるエリアも広く、これから新たにauひかりに加入しようと思っている人、NTTからauひかり
 に乗り換えようとしている人はまだまだ増えていくことでしょう。

 このサイトではそんな人が少しでもお得にauひかりに加入できる方法をお教えしたいと思います。
 




2.auひかりのメリットデメリット


 auひかりに加入するに当たり、フレッツ光と比較する人が多いと思います。
 ここではauひかりがフレッツ光よりも優れていると見られる点をお話します。

@ スピード

 フレッツ光が最大通信速度100Mbpsなのに対してauひかりは最大通信速度が1Gbpsと10倍
 です。
 実際どちらの回線もそんなに通信速度は出ませんが、auひかりの方が早いのは確かです。
 そんなに早くなくてもインターネットは十分だとは思いますが、料金が変わらないなら(というか
 auひかりの方が安いと思います)、早い方がいいですよね。

A エリア

 対象となるエリアに関してはまだまだフレッツ光の方が広いようです。
 しかし、auひかりも対象エリアをどんどん広げています。
 そもそも携帯電話じゃないですから、自宅がフレッツ光、auひかりの両方の提供エリアに入って
 いるならお得な方がいいですよね。

B プロバイダ

 プロバイダに関してはフレッツ光の方が断然多いです。
 でもauひかりの方も大手のプロバイダはほぼ押さえていますので、プロバイダはそのままで
 乗り換えられる人も多いのではないでしょうか。
 また、新たにプロバイダに加入すると、加入時の特典などもありますから、この機会に
 プロバイダを変更することも考慮してみてもよいかと思います。


C 料金

 料金に関してはauひかりの方が断然安くなっています。
 最近ではフレッツ光も「にねん割」などで対抗していますが、それでもまだauひかりの方が安い
 と思います。
 更にauひかりにする際、電話サービスもauひかりの電話サービスにしたり携帯電話の支払い
 もまとめたりするともっと安くなります。
 フレッツ光も同じNTTグループなんだからdocomoの携帯とセットのプランとか作って対抗すれば
 いいのに、足並みが合わないのか今のところ無いみたいですね。



3.auひかりの加入方法の種類
 
 実際にauひかりに加入するとして、それには以下の2つの方法があります。


@ 直接申し込み

 ネットのサイト(http://www.auhikari.jp/)などから直接申し込む方法です。
 このサイト上で自宅が提供エリアなのか調べることができます。
 契約料金も自分の利用方法(電話もセットか、携帯の支払いもまとめるか)に合わせて知ることが
 できます。
 このサイトからもauひかりへの申し込みが簡単に行えます。


A 代理店経由での申し込み

 auひかりへ直接申し込むのではなく、代理店を通して申し込む方法です。
 これには以下の4つの種類があります。

 1)プロバイダからの申し込み
  プロバイダのサイトからauひかりを申し込む方法です。
  当然、そのプロバイダに加入していること、もしくはプロバイダへの新たな加入が条件と
  なります。

 2)電話勧誘での申し込み
  自宅がauひかりの提供エリアになると、とたんに増えてくるのがこの手の勧誘電話です。
  夜中にも平気でかけてきたりします。
  契約取れるとよっぽど儲かるんでしょうね。

 3)店頭での申し込み
  よく大型電気店などの店先でキャンペーンをやっていたりしますよね。
  他にも専用ブースを作ってそこで申し込み受け付けしたりしています。
  KDDIが直接やっているところもありますが、代理店がやっている場合もあるようです。

 4)ネットでの申し込み
  代理店がネット上に申し込みサイトを開いており、そこから申し込む方法です。
  auひかりはフレッツ光に比べると少ないようですが、それでもいくつかあります。
  サイトを見ると結構派手で心配になりますが、そこら辺は大丈夫みたいです。



4.お勧めの加入方法

 ではこれらの加入方法の中で、一番お得な方法はどれなのでしょうか。

 私見ですが代理店経由、それもネットでの申し込みが一番お得度が高い気がします。
 その理由として、それぞれの加入方法のマイナス点を挙げていきます。


@直接申し込みがダメな理由

 直接申し込みだとKDDIが用意している特典(何ヶ月か無料になるなど)しか受けられません。
 だったら代理店から受けられる特典もプラスしてもらった方がお得ですよね。
 よく直接申し込みの方が対応が早くて確実だ、という話を聞きますが、そんなことはありません。
 代理店経由でも迅速に対応していただけます。


Aプロバイダ経由での申し込みがダメな理由

 プロバイダから申し込むとプロバイダからの特典プラスKDDIでの特典が受けられます。
 しかしこれは新規プロバイダ契約の場合ですね。
 そしてauひかりに加入し、プロバイダと新規に契約する場合はKDDIからの申し込みも
 プロバイダからの申し込みも特典は結局同じことになります。
 新規にプロバイダと契約するのなら、別の代理店経由で申し込んだ方が、
 KDDIの特典+プロバイダの特典+代理店の特典
 が受けられてお得です。


B電話勧誘での申し込みがダメな理由

 これはズバリ特典がショボいからです。
 しつこく電話で勧誘する人って、さも親切そうにお得な情報をお知らせします。みたいな感じで
 言ってきますけど、要は自分の成績に結びつけるために必死なわけです。
 そもそも電話勧誘する人の人件費がかかっていますから、特典がショボくなるのもうなずけます。
 ほかの選択肢との比較してみればわかりますよ。
 あまり誘いに乗らない方がいいと思います。


C店頭での申し込みがダメな理由
 こちらもほかの選択肢と比較できない点、店頭に人を置いて人件費をかけている分、特典が
 ショボくなりがちな点があるという理由でお勧めできません。
 しかし、直接面と向かって話ができるのでいろいろと質問でき、また交渉次第ではおいしい特典が
 引き出せるかもしれないので、自信のある方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。


 といった以上の理由からネットでの申し込みをお勧めします。



5.ネットでの申し込みについて

 前章でauひかりを申し込むには一番お得なのはネットでの代理店経由が一番だと書きました。
 代理店経由の方が、

  KDDIの特典+プロバイダの特典(新規プロバイダ契約の場合)+代理店の特典

 が貰えるからです。

 更に代理店の特典が一番お得なのが人件費がかからないネット上の代理店だとも書きました。
 では、どのネット上の代理店を選べばいいのでしょうか。

 実はauひかりの場合、そんなに代理店がありません。
 逆にフレッツ光はこのネット上の代理店というものが大量にあります。
 これはNTTが契約に応じて報奨金のようなものを払っているからで、これ目当てで多くの業者
 がフレッツ光の代理店をネット上に開いています。

 auひかりの場合、そもそもフレッツ光よりもお得なのは自明であり、フレッツ光と競合する地域
 ではかなりシェアを奪っています。
 携帯電話と異なり、光回線でのインターネット接続の場合は契約して工事すれば使うのは家で
 あり、そこには圏外だから使いにくいなんて要因は存在しませんからね。

 そういうわけでauひかりの場合、敢えてキャンペーンを展開しなくてもお客さんは向こうから
 やってきてくれるというわけです。
 しかし、そうはいっても契約者数を増やすため、auひかりでもいくつか代理店があります。
 例えばこういうところですね。





 契約は最初だけですから、自分の加入する条件(電話サービスもプラスするのか、プロバイダ
 とは新規契約なのか等)でどこへ申し込むのが一番お得なのか、よく考慮してみてください。



6.最後に

 auひかりはフレッツ光に比べて通信速度も速く、料金はかなりお安くなっています。
 特に携帯電話と組み合わせた支払い方法にするとそのお得度は更にアップします。
 それもあってか契約時の特典もフレッツ光ほど豪華なものはないようです。

 しかし、探してみるとそれなりに特典が貰える加入方法がちゃんと存在します。
 どうせ加入するのなら、少しでも得な方法を選んだほうがいいですよね。

 最後に、auひかりはまだ提供範囲外でフレッツ光に少しでもお得に加入したいという方は
 本当にお得なフレッツ光加入方法のサイトをご覧ください。